椅子を使った腹筋ダイエット

椅子を使った腹筋ダイエット

腹筋を鍛える事でお腹周りの邪魔なお肉を消し去る事が出来ます。

 

日常的に腹筋を鍛えるの時間がないと言う方も多いのではないでしょうか。

 

また、腹筋はきつくて女性には難しいと言う方もいるでしょう。

 

そこで、負担をかけずに簡単に出来る腹筋をして、無理なく腹筋を鍛えましょう。

 

用意するのは椅子になります。

 

浅めに腰掛け、足を肩幅くらいに開きます。

 

手をまっすぐに上げ、地面と平行にして腰をひねり、上半身を後ろにねじります。

 

伸ばした手で椅子の背を掴み、5秒程度静止します。

 

以外に簡単なので効果があるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、実際にやってみるとわかるように腹筋に予想以上の負荷をかけます。

 

わき腹、ウエスト周りの筋肉を鍛える方法ですから、ウエストのくびれも出てくるでしょう。

 

腹筋で大事なのは継続になります。

 

日々の積み重ねが筋肉を鍛え、脂肪を減らします。

 

やったりやらなかったりでは意味がありませんので、一日5分でも毎日続けるように意識してみましょう。

 

立ったままで出来る運動や、座ったままで行う運動など、手軽なものを積み重ねて行くことがポイントになります。

 

腰を捻ると言う単純なものですが、動作をゆっくりする事で腹筋に負荷をかけ鍛える事が出来ます。

 

急いでやる必要はありませんので、出来るだけゆっくり、深呼吸をしながら行うようにしましょう。

 

慣れてきた時には回数を増やしたり、腹筋の方法を変えたりなど負荷を増やしてあげる事で更に鍛える事が出来ます。