年齢によるクロレラ効果

年齢によるクロレラ効果

年齢が若いうちは、自分が年をとるということすら考えもしないものです。
しかし、実際に年をとってみると、若いうちには当たり前に出来ていたことが出来なくなります。
外見も内面も衰えてくるのがわかり、精神的に落ち込んでしまう人もいます。
昔の人と違い、最近の中高年以上の人は若さに貪欲です。
だから、サプリメントなどを積極的に活用して、いつまでも若々しくいたいと考える人が多いのです。

 

クロレラには、様々な栄養素がたった一つの原材料に豊富に含まれています。
それをサプリメントにしたクロレラ製品には、年をとって不足してきた成分を補う力があります。
誰にでも同じ効果が望めるとは限らず、量も個人別に調整する必要がありますが、飲み続けてみたら以前より元気になったという人が多いのも事実です。
ただし、クロレラは健康食品ですから、医学的に病気を治すなどの根拠があるわけではありません。
例えば、ニンジンにビタミンAが多く含まれているからといって、眼科で薬の代わりにニンジンをすすめる医者はいないでしょう。
世間話程度に、ニンジンの栄養は目に良いという程度のことは言うかもしれませんが、それは医学とは別の話です。
同じように、食品としてのクロレラを医者が医学的な根拠にもとづいてすすめるという段階には来ていないのです。
ですから、食品として食べさせてよいかどうかの判断は、個人に任されます。
分別のつく大人ならよいのですが、乳幼児などに安易にクロレラを与えるのは考えものです。
体に悪いものではないとはいえ、栄養成分が豊富なクロレラをとることで極端に栄養成分をとりすぎてしまう心配もあるからです。
抵抗力などがしっかりした大人の体なら別ですが、まだ体が出来上がっていない赤ちゃんなどに飲ませるのは控えたほうがよいかもしれません。