クロレラ製品の比較

クロレラ製品の比較

ひと口にクロレラといっても、メーカーによって個性があります。
一つのメーカーですら、粒タイプと粉末タイプなどに分けて商品を製造しているくらいです。
メーカーごとに違いがあるのは、当然ですよね。

 

クロレラは緑藻類の植物を培養したもので、その方法によっても違いが出てきます。
太陽光を浴びせて育てる天然屋外培養、無菌室で培養するタンク培養、それぞれにメリットとデメリットがあります。
天然屋外培養のクロレラ製品では、サン・クロレラの緑の幸が有名です。
タンク培養なら、サントリーの青玉Vがありますよ。
いずれも信頼のおけるメーカーですから、自分で比較してみるのもよいでしょう。

 

クロレラには、クロロフィルやアミノ酸、ビタミン類、ミネラル類と栄養豊富という特徴があります。
サン・クロレラのクロレラ製品には、クロロフィルが他社の2倍以上含まれています。
吸収率が高くないといわれるクロレラですから、量が多いぶん期待が持てます。
細胞壁が厚いクロレラを人体に吸収するために、各メーカーで研究を進めています、
例えば、サントリーの青玉Vは、クロレラを高温高圧で加工してから急速冷凍で細胞壁を破砕しています。
ヤロゲンバイオリンクでは、細胞壁にヒビを入れることで吸収率が向上するそうです。
タンク培養したクロレラは細胞壁が薄いので、そもそも吸収率が低くならないというのがサントリーの考え方です。
クロレラに対する考え方はメーカーによっていろいろあり、ためになりますよ。