青汁の栄養素

青汁の栄養素

青汁を飲む上で大切なことは毎日飲み続けることです。

 

そのためには飲みやすいことが一番で、最近では飲みやすい青汁が増えています。

 

しかしそこで疑問なのが、飲みやすい青汁にはその分体にいい栄養素が少ししか含まれておらず、苦味のある青汁の方がたくさんの栄養素が含まれているのではないかということです。

 

決してそうではありません。

 

苦い青汁が飲みやすくなったのは、製造メーカーが飲みやすいように努力を重ねた結果であり決して栄養素を少なくしたからではありません。

 

ただメーカーによって飲みやすさに重点を置いている青汁と、栄養面に重点を置いている青汁があることは確かです。

 

青汁が飲みやすいか飲みやすくないか、その大きくは主原料によって変わってきます。

 

青汁の主原料としては、大麦若葉やケールや明日葉などが有名です。

 

一般的に苦くて飲みにくい青汁の場合、主原料にケールを使っている場合が多いです。

 

しかしケールはその分スーパー野菜と呼ばれるほど豊富な栄養素を持っている野菜なのです。

 

他の野菜と比べてもはるかに栄養価が高いのです。

 

一方主原料に大麦若葉を使っている青汁は、ケールを使っているものよりは味がマイルドになって飲みやすくなっています。

 

大麦若葉で作った青汁は抹茶風味でマイルドな口当たりがして飲みやすいのが特徴です。

 

もちろん大麦若葉にも豊富な栄養素が含まれています。

 

さらに大麦若葉の場合栄養補給にプラスして美容効果もあります。

 

青汁初心者には飲みやすくて最適な青汁です。

 

また含まれている栄養成分で比較するとケールにはビタミンA、C、食物繊維やミネラル分が豊富にあります。

 

大麦若葉にはビタミンやミネラルや酵素が豊富にあります。

 

どちらも栄養は豊富で体にいいことは間違いないのです。

 

どの栄養素を自分がとりたいのか、あるいは毎日飲み続けるにはどの青汁がいいかなどを基準にして選ぶといいと思います。