オリゴ糖入りの青汁の特徴

オリゴ糖入りの青汁の特徴

青汁は、日本で何十年も前に誕生した健康飲料です。
誰もが十分な栄養をとれなかった時代、
緑黄色野菜を搾った汁で不足した栄養を補給しようとしたのが始まりでした。

 

もともと栄養不足を補うための健康飲料だったので、
青汁に美味しさを求める人はいませんでした。

 

よく、苦い薬ほど身体に良いように言われますよね。

 

青汁も、苦味や青臭さがあるものほど、
健康的と考える人が多かったのです。

 

しかし、時代が変わって、
今では無理して青汁を飲まなくても
他の食べ物で十分に栄養をとることができます。

 

次第に青汁は影が薄くなってきましたが、
ブームが再燃したのが1990年代。

 

その不味さをテレビ番組の罰ゲームに利用することで、
視聴者の話題をさらったのです。

 

不味そうだから絶対に飲みたくないが
一度飲んでみたいに変わるのに時間はかかりませんでした、

 

ただ、多くの人が苦手とする味の不味さをそのままにしていたのでは、
いずれ飽きられてしまいます。

 

そこで、甘みを加えて飲みやすくした
青汁が各メーカーから発売されるようになったのです。

 

こうして、以前よりもっと多くの人が
青汁を美味しく飲めるようになりました。

 

はちみつや黒糖で甘みをつけている青汁もありますが、
ヤクルトの青汁のようにオリゴ糖で甘みをつけている青汁のようがメリットがあります。

 

オリゴ糖には整腸作用があり、便秘に悩んでいる人、
肌トラブルがある人などに役立つ甘みなのです。