青汁にデメリットはある?

青汁にデメリットはある?

青汁は健康の象徴、健康になる以外あり得ないと思っている方も多いでしょう。
実際、青汁のデメリットといえば、味に好みがあるというくらいしか思い浮かびませんよね。
ところが、青汁にもデメリットとなる要素があるのです。
これに注意して、青汁を上手にとるようにすれば、適度な健康効果が望めるはずです。

 

青汁のデメリットとして一番に挙げられるのが、下痢です。
野菜には食物線維が多く、青汁はいわば野菜汁ですから食物繊維をとりすぎてしまう心配があるのです。
食物繊維といえば、便秘のときにとると即効性があるほどの栄養成分です。
そんな食物繊維を一気にたくさんとれば、お腹を壊しても不思議ではありません。
青汁に限らず、普段の食生活で食物繊維をとりすぎると、お腹がゆるくなる可能性があります。

 

青汁を飲みすぎることによって下痢になってしまうと、さらなるデメリットが出てきます。
それは、せっかくとったほかの栄養素も出ていってしまうということです。
青汁の効果として求めたかったのが、食物線維だけにあったなら話は別です。
しかし、ほとんどの人は、下痢をするために青汁を飲んでいるわけではないでしょう。
青汁に含まれた多くの栄養素を体中に吸収したいから、飲むのではないでしょうか。
それなら、適量に注意して青汁を飲むことが大切です。
適度に食物繊維を効かせて他の栄養素を取り入れたいなら、一日にコップ1~2杯の青汁にとどめておくのが無難です。