青汁で痛風予防

青汁で痛風予防

青汁は健康食品ですから、食べ物の栄養を凝縮した効果に期待するのが狙いです。
薬のように、トラブルとなっている患部に直接作用するわけではありません。
しかし、体が健康であれば、特定の病気が起こることもありません。
この意味で、青汁を取り続けているとかかりにくい病気もあるのです。

 

青汁が効果的な病気の一つに、痛風があります。
なぜ痛風に青汁が良いのかというと、痛風に悪影響を与えるのが尿酸だからです。
お酒を飲んだ翌日に健康診断をすると、尿酸値がグンと高くなります。
逆に、プリン体を控えたり、肝臓や腎臓に負担をかけすぎない生活を心がけていると、尿酸値が下がってきます。
これを簡単にしてくれるのが、青汁です。

 

青汁に含まれている成分に、葉酸があります。
葉酸が尿酸値を低下させてくれるのは、酵素の働きを抑える作用があるのと尿酸塩結晶をとかしてくれるからです。
青汁にはビタミンCも含まれているため、葉酸と相乗効果を発揮してくれるのも強みです。
ビタミンCは尿酸を腎臓に運搬してくれるので、尿酸の排泄がスムーズにいくのです。

 

青汁には種類がたくさんありますから、できれば先に述べたような作用の高い成分が多く含まれた青汁を選びたいですね。
美容だけでなく、健康の役にも立つことから、家族みんなで青汁を始めてみるのもよいでしょう。