青汁はまずい?

青汁はまずい?

健康のために、まずいけれど飲んでいるという人が多かったのが従来の青汁のイメージです。
ところが最近流行っているのは、美味しい青汁なのをご存知ですか?
青汁といえば飲みにくい、まずくなければ効いていないというイメージは、払拭されそうですよ。

 

青汁が誕生したのは驚くほど昔なのですが、最初のブームがきたのは1990年代です。
バラエティ番組の罰ゲームに登場するほどまずいと評判で、それが逆に話題を呼んだのです。
ただ、面白半分で飲むのは一回だけ、続けて飲むのは無理というのでは健康効果とはいえません。
成分から健康に良いのは明らかでしたから、メーカー各社は何とかして青汁を飲みやすくしようと改良を重ねました。
いまでは、はちみつ味やレモン味、抹茶味など、青臭さや苦味を気にせずに飲める青汁がたくさん出ています。

 

健康効果が高いといわれている青汁でも、飲んではいけない健康状態の人もいます。
含まれているカリウムやリン、ビタミンAの多量さが、特定の病気や体質には不向きなのです。
人工透析中、循環器系の投薬中などの人は、要注意です。
主治医によく相談してから、飲んでいいかどうかを決めてください。
中には、成分の配合量によって飲める青汁製品もあるかもしれませんよ。