青汁に関する問題

青汁に関する問題

医薬品では副作用がつきものですが、健康食品である青汁は好きに飲んでも問題なしと思っている人が多いでしょう。
ところが青汁にも、飲むのに注意が必要な人がいるのです。
特定の病気にかかっていたり治療中で薬を飲んでいたりすると、食べてはいけない食品が出てくるケースがあります。
青汁は野菜を絞った汁なのですが、相性の悪い病気があるのです。
ただ、飲むと誰もが体調を悪くする可能性があるわけではなく、注意しなければならない病気の人でも配合成分によっては大丈夫なときもあります。
そのことをわきまえて、病気の人は注意しなければなりませんね。

 

野菜成分としてのカリウムを豊富に含む青汁は、腎臓が弱い人にはよくありません。
体内の老廃物の排出がうまくいかない腎臓病では、カリウムが蓄積されて高カリウム血症となってしまいやすいのです。
腎臓が弱っていることを指摘されている場合、青汁を飲むことで嘔吐や不整脈、血圧低下などを招くかもしれません。
また、循環器系の病気でワーファリンという治療薬を処方されている人も要注意です。
ビタミンKによって効果を消されてしまうワーファリンは、青汁も薬の効果を無効にしてしまう恐れがあるのです。

 

治療中や投薬中の人は、主治医からすでに注意を受けていることでしょう。
仮に忘れてしまっていても、青汁をはじめとした健康食品を摂取しようと思ったらまずは主治医に相談することが重要です。